おっとっと冬だぜ

広義の意味で日記と言えるが 狭義的にはゴミ置き場

ブログを運営する上で大切にしていること

実は、前回の記事があまり納得いっていないままに公開したんです。
記事を書き終えたあと、公開するかどうか迷って1日くらい寝かせてたんですけど、最終的にはせっかく書いたし勿体ないので公開しましたが、今読んでもやっぱりあんまり納得できてないですよね。

f:id:natu_daze:20180912182151j:plain




公開を渋った理由はシンプルで、今まで散々ゴミクズ人間のキャラを確立させておいて、急に現実世界のリアルな社内での肩書きを利用して真面目な仕事論を展開するってのが嫌だったんですね。
(いや、別にはてなの某大物ブロガーさんを批判してるわけじゃないですよ!)


あと、純粋に大して面白くないってのもあるんですけど。

 

何のためにブログを書いているのか?

んで、そうやって謎のこだわりで悩んでいると、じゃあ自分は何のためにブログをやってるんだろうって考えちゃうわけですよ。
思いついたことを何でも書けばいいのに なぜ無駄に質にこだわっているんだと。


このテーマでは文字数が稼げないとか、この内容はこのブログっぽくないとか、この話題は身バレの恐れがあるから止めておこうとか、ヘンにこだわって自分で規制して書ける範囲を狭くしていおいて、それで書くネタがない 書くネタがないと言いながら更新頻度が落ちてるわけじゃないですか。
大した文章スキルもないくせに、お前はいったい何がしたいんだって感じじゃないですか。


そんなわけで、自分が何のためにブログを書いているかを探るために、自分がブログを書く上で最も大事にしていることが何かを突き詰めて考えていったんですけど、そしたら最終的に自分は、自分が信頼できる読者がいるかどうかが重要で、そこに向けてしっかり発信できているかどうかを気にしているんだって気付いたんですね。

信頼できる読者がいるかどうか

これはあくまで持論なんですが、ブログで収益をあげていないのであれば、PVとか読者登録数は実はあんまり関係なくて、それよりも「この人は必ず自分の文章を読んでくれるし、面白ければ反応してくれるはず」って信頼しきっている読者さんが一定数担保されていることが重要なんだと思うんです。


前々回くらいの記事で、10年程前にアクセス数が全くない中でも、さるさる日記とかティーカップ掲示板にクソみたいな文章を数年に渡って書き続けていたと書きましたが、では、なぜアクセス数が全然ないのにそこまで長期間に渡って書き続けられたかと言ったら、自分は元々ハガキ職人のコミニティに属していて、その時にわりと親しくしていた数名がたまに覗いてくれているのがわかっていたからなんですね。
彼らは、ごくまれにティーカップ掲示板に書き込む形で反応を示してくれたんですが、そんな彼らがいたから、アクセス数とか気にせずに継続できたんです。


はてなブログの場合、その「読者の反応」に対するシステム設計がしっかりしており、短時間で簡単に信頼関係を築けるところに良さがあると思うんです。
以前であれば、この人は必ず見てくれているなという信頼の構築までには、掲示板で何度も書き込んでもらったり、オフ会で定期的に会って会話するなどのプロセスを経て、徐々に信頼できる読者として認識していったと思うんですが、はてなブログの場合、スター・コメント・はてブと言った反応によって、信頼性を短時間で構築することができると思うんです。


これを言うとやや語弊があるかもしれませんが、私の場合、同じスターをくれる読者さんでも、やっぱり自分の中で「この人は星いくつだろう?」って特に気になる読者さんが何人かいるんです。
私が勝手に信頼している読者さんですね。



※私が信頼している読者の方々のイメージ
f:id:natu_daze:20180912180348j:plain

f:id:natu_daze:20180912180400j:plain

f:id:natu_daze:20180912180448j:plain

f:id:natu_daze:20180912180425j:plain
上から2番目!教育に悪いから子供に見せるなッ!

 

信頼している読者のため

そういう意味では、信頼してる読者さんがいるおかげでブログを続ける環境を与えてもらえていると言い換えることができると思うんです。
そして、そういう考え方をしているので、現状では自然とその人たちに向けた形で記事を書くようになってしまってるんですね。信頼できる読者にウケるであろう内容にしちゃってるんです。


それってブログを書く上では、本末転倒なのかもしれないですが、自分がブログ運営で大事にしている部分が信頼できる読者なので、いろいろ考えた結果、多少自由に書けずに制約が出たりするのは、もう仕方ないことだって割り切ることにしました。


その代わり、頑張って信頼している読者に応えられる内容にしていこう・・・

 

 

 

 



 



 

 

 


みたいなことはね、全然考えてないんですけど、書くことないんでそれっぽいことテキトーに書きました。






それっぽいこと書いて、固定の読者を大事にしている風を壮大に装いました。






単に下ネタOKな人が暇つぶしに読んでいるであろうブログに、そんな崇高な思想を持ち込まないでください。

 



 




※ここまで読んだ読者のイメージ画像f:id:natu_daze:20180912195448j:plain

 


・・・さっきから、このブログの読者ターゲットどんなふうにイメージしてんだよ。

 

いや、別にそんな深い考えはなくて、学生時代にずっとハガキ職人をしていたので、単に「俺の考えた面白いやつ」を発表したがりなだけです。そういう病気です。



前の記事があんまり面白くないと思ったのは本当ですけど、そんなこと言ったら他の面白いブログ読んだ後に、自分のブログ見て

「あのブロガーさんの文章に比べたら、俺のブログは比喩とかじゃなくて正真正銘のゴミだな・・・」

ってしょっちゅう思ってますからね。
実際、昔の記事はどんどん消してるし、納得してることの方が少ないです。
もうなんなら、面白いブログ紹介おじさんになって、全裸で面白いブログをひたすら紹介していくだけの記事書きたいです。人のフンドシでヌルヌル相撲ってやつですね。



とりあえず、今回も全く納得してませんけど、勿体ないので公開しまーす。