おっとっと冬だぜ

広義の意味で日記と言えるが 狭義的にはゴミ置き場

このブログの終焉が見えてくる話

あー、もう本当に書くことが無い。
昨日も書くことが無かったので断腸の思いで1日休んだわけですが、「明日には何か思いつくだろう」なんて軽く考えていたのが結局1日経っても何も出てきません。もう限界なのか?


そんなふうに苦悩していると、私の頭の中に悪魔が現れて「そんなに頑張る必要はない」って囁くんです。更に続けて、

「むしろ、少し間を明けて、しっかりと時間を使って書いたほうが1つ1つの記事の質も上がると思うし、仕事への影響も考えるとブログはほどほどにしておいたほうがいいよ。」

と正論を吐いてくるんです。


そして、悪魔の言う通りサボろうとすると、今度は天使が現れて、

「あなたのようなクズが書く間隔を開けたところで、結局は時間を有効に使えないはずよ。むしろ書かない日が五月雨式に増えていくだけで、そうやって1ヶ月書かないで、2ヶ月書かないで、1年書かないで、フェードアウトってパターンじゃない。
それなら毎日書くように決めて、もし書けなかったら指を1本ずつ詰めていけばいいじゃない!そしたら毎日書くはずよ!あなたは自分のクズさをわきまえて、とにかく毎日書くようにしなさい。」

みたいに言うわけです。
指を詰めるかどうかはともかく、天使も天使で一理あることを言ってくるわけです。


ただ、いざブログを書こうと思ってもネタがないのです。
ブログ開始3週間目で既に書きたいことはほぼ書きつくしたので、ここ1ヶ月間はエブリデー難産なわけです。以前から言うようにほぼ荒行・苦行に近いことになっているので、恐らくあと半年も続けてたら、見えちゃいけないものが見えるようになってくると思います。
まぁ、もう既に悪魔とか天使とか言ってますので、今の時点で相当怪しいところまできているとは思いますが。


半年後には、見えないものを見ようとして、望遠鏡を覗きこんだら、静寂を切り裂いて、いくつものパトカーの音がして、警察に「私は見えないものを見ようとしただけで、別に一人暮らしの女子大生の部屋を覗こうと思ったわけではありません。それは結果的に同じ方向にその部屋があっただけで、私には人に見えないものが見えるのです」みたいな供述をしていると思います。
午前二時にフミキリに望遠鏡を担いだ怪しげな男がいると通報されるんだと思います。


そんな半年先のことより、まずは今日何を書くかですが、やっぱり何も思い浮かびません。そうすると、またまた悪魔が出てきて、

「そうやって無理して書いたところで、長期的な視点で見たらブログを続けるのが苦しくなってブログ寿命を縮めるだけだよ。自分が無理なく書けるペースと、自分が書きやすい内容をしっかり探しながら、あわてずにゆっくりやった方がいいんじゃないかな。辛いなら、小休止も必要だよ。」

と囁いてくるわけです。


それもそうかな・・・と思い始めたときに、当然出てきます、天使ちゃん。

「過去にあなたがどう生きてきたかを振り返ってみなさいよ。明日やる、明日やるの繰り返しがゴミみたいな大学しか卒業できず、知性の無さが見た目にまで現れて、おまけに行動力も無いから童貞卒業も20歳過ぎ。その挙句に社会人になって少しお金が入ったらキャバクラ狂いのゴミクズ人間は一体どこの誰?
実際、今だって5月までに業者に提出しなきゃいけない資料を引っ張り続けて、まだ提出していないじゃない!もう6月も終わるのよ!
自分の実行力の無さと、フットワークの重さと、自分自身への甘さと、ゴミクズさと、愛しさと切なさと乳輪に毛が生えている気持ち悪さを少しは認識して、四の五の言わずに今日のブログを書きなさいよ。」

とまくし立てるわけです。




粘土
「いやいや、そんなこと言ったって書くネタがないんだよぉ!」





天使
「そういうときは、飾らない普段の自分についてそのまま書けばいいのよ。仮性包茎で困ること5選とか、自分の脇が臭すぎて気分が悪くなったときに聞きたいお勧めの曲3選とか、あなたが以前にやってた上司に提出する資料を、完成してるのにワザと日曜日にメール予約して、休みの日に頑張ってるアピールするクズみたいな裏技を仕事で使えるライフハックとして紹介したりすればいいじゃない!」





粘土
「・・・・。」




天使
「あと、昔ネットに自分の毛の生えた乳輪の写真晒したのを再アップすればいいじゃない!黒歴史はどんどんオープンにしなさいよ!」



 

 



粘土
「お前 悪魔だろ!!」





天使
「何言ってるの。見てみなさいよ。私のおかげでここまでで2000文字超よ。これで今日のブログ完成ね!」





粘土
「て、天使ちゃん・・・。」




天使
「あっ、ただこの話、死ぬほどベタだから、そういうとりあえず書いた感は読み手にはすぐバレるわよ」




粘土
「・・・・。」

 

 


ということで、天使ちゃんのおかげで何とか書くには書けましたが、今日は何かとてつもなく大事なものを失った気がします。

今日はアレですね。ブログの書くネタがない場合、自分自身の人間としての尊厳を擦り減らせば2000文字くらい書けるよっていうテクニック紹介ですね。

 

広告を非表示にする