おっとっと冬だぜ

広義の意味で日記と言えるが 狭義的にはゴミ置き場

お前よくこのノートを晒す気になったな・・・って話

会社の会議が本当に酷いんです。
長いし(半日使うのざら)、結論は出ないし、喋ってるの7割以上は社長で あと2割は司会者みたいな感じで、ホントにダメな会議の典型なんですね。
毎回、会議の時間が苦痛で苦痛で仕方なかったんです。


ただ、そんな会議もブログを書くようになって、会議がネタを考える時間へと早変わりしたので、最近はちょっと楽しくなってます。やっぱりブログっていいなって。


 
実は、このネタも会議中に考えたものでした。

natu-daze.hatenablog.com


このときの会議でも、さも何か考えているような小難しい顔をしながら、すごい大事なことをメモを取っていると見せかけて、実際にはノートにブログネタを書いていたわけです。そして、今日はそのときのメモ書きを特別に公開したいと思います。
(未読の方は先に上記の記事を読んでもらえると、このあとの内容が・・・・・・って やっぱり、大した内容じゃないので見なくても大丈夫です)

 

 

 

 

 

 

 

くぱぁ!!

f:id:natu_daze:20180613202136j:plain

字が超絶汚いのは、誤ってノートを落として誰かに拾われたときに、中身を読まれても大きな傷を負わないためのライフハックです。(ライフハックの使い方これであってる?)

普段の字はもう少しだけマシですが、まぁ、これをもう少しだけマシにしたレベルなので、どんな程度かは推して知るべしでしょう。あと、空いてるスペースに思いついたことを自由に書くタイプなので、普段からレイアウトや字の大きさがめちゃくちゃです。

ノートの書き方からして品性や知性がいちじるしく欠如していることが うかがい知れます。

 

 

 

それでは、更に細かく見ていきましょう。


 

 

f:id:natu_daze:20180613202601j:plain

大川周明が東條を なぜ叩いたかで話を展開させることを思いついたわけです。
最初は、「くるった説」「くるった振り説」にプラスして「ケンカした説」みたいなことを書こうとした模様です。それにしても字が汚い。

 

 

 

f:id:natu_daze:20180613202417j:plain

セーラームーン」に大きなマルがついています。恐らく、セーラームーンのことでケンカするような流れにしたかったのだと思います。
会議は何も決まらないのに、ブログの方向性は決まったようです。

 

 

 

 

f:id:natu_daze:20180613203233j:plain

「開戦すっぞコノヤロー」と書いて、そこにバツがされています。
東條=開戦は、発想として安直ではないかと思ったわけですね。
あと、読み手が“開戦”って単語の持つ暗いイメージに引っ張られるんじゃないかって心配したとか、していないとか。

ニョロニョロは謎。

 

 

 

 

f:id:natu_daze:20180613204306j:plain

よりネタのイメージが膨らむように東條を書いてみました。
ハゲ、ヒゲ、メガネという特徴だけは捉えているが、あまり似てはいません・・・。
東條閣下、ハゲ ヒゲ メガネでA級戦犯って、だいぶ可哀想ですよね。

そして、よく見ると「ごめんねー」という出だしの歌詞と、前奏部分の音を無理やりカタカナにしようとした形跡が!!
東條閣下に歌わせることがここで決定したようです。似顔絵イメージ膨らませ作戦が見事に成功しました。これぞミラクルロマンスです。


 

 

こんな感じであとは会議終わった後に画像探して、一気に書き上げた次第です。
ブログってネタがないときは本当に苦しいんですけど、書く方向性や構成がほぼ固まって、実際にパソコンにダーって書いてるときって意外と気持ちいいんですよね。(書いてる内容はゴミ以下なものなんですけど)

 

 

 

まぁ、そんなわけでね。
今回は、ブログのおかげで少しだけ人生が楽しめるよって話でした。

あと、生き恥さらすってこういうことだねって。

広告を非表示にする