おっとっと冬だぜ

広義の意味で日記と言えるが 狭義的にはゴミ置き場

人間が無意識化にイメージする「上下」の概念を壊すもの

「調子が上向き」「テンションが下がる」「上流社会」「人を見下す」
これらの言葉に共通するのは「上下」ですね。

人は、空間として上下、つまり重力のある環境下で重力の向かう方向を「下」、その逆を「上」とする空間的な認識以外に、観念的な上下という認識をしており、そこには「上=価値のあるもの、優れているもの、良いこと」「下=価値のないもの、劣っているもの、悪いもの」という概念が無意識下にイメージされるわけであります。
重力という自然の力が普遍的であるように、我々の観念の中にある価値判断としての上下という認識も普遍的・絶対的なものであると言っても言い過ぎではないかと思います。
先程 挙げた言葉を例にとっても、「調子が上向き」という言葉は「調子が良くなっている」ということを表していると、100人いたら100人が無意識的に判断するわけです。

しかしですね、この世には普遍的とまで言い切ったその概念が当てはまらない物が、たった一つだけ存在するのです。

その観念の中にある価値判断としての上下が当てはまらないもの、それが女性の衣類であります。このことを理解してもらうために、男性の方に問いたいのですが、あなたは女性の上着と下着のどちらにより魅力を感じるでしょうか。
質問をもう少し具体的にします。石原さとみの使用済みの上着と、使用済みの下着、どちらか一方をもらえるとしたら・・・、あなたはどちらを選びますか。

そうです。つまり、女性の衣類には、先ほど述べた普遍的な上下の概念が全く通用しないのであります。そこには、概念の中にある上下を逆転させてしまうパラドックスが生じているのです。
私はこれを「女性下着のパラドックス」と呼んでいるのですが、女性の下着とはそのような人間の脳ミソを揺さぶる物でありますので、女性の下着を目の前にしたときに女性下着のパラドックスによる混乱が生じ、人が正しい判断を下せなくなるのも、これはもう致し方ないことなのであります。

お巡りさん、確かに私の行動だけを切り取ったら下着泥棒ということになるのでしょうが、それは女性の下着が孕んでいる上下を逆転させる女性下着のパラドックスによる ある種の混乱状態下での行動であり・・・。



えー、などと男は供述しており、警察は他にも余罪がないか 詳しく調べを進める方針です。