おっとっと冬だぜ

広義の意味で日記と言えるが 狭義的にはゴミ置き場

出張先で

先日、泊りの出張があったときのこと。


出張は2泊で、1泊目と2泊目でそれぞれ別のホテルに泊まりました。
1泊目のホテルでの朝、時計をチラッと見て時間を確認してから、身支度を開始して、いつもなら自分は10分くらいで支度ができるんですが、支度が終わってスマホの時間を見ると、いつも10分で終わる身支度に30分もかかってるんですよ。


自分の中ではいつも通りの時間感覚なのに。
「うぇっ!?」
と一瞬パニックになったのですが、よくよく見たら部屋の時計が20分遅れてるの。
いやいや、ビジネスホテルの時計が遅れてるのはダメだろうって。


んで、次の日は違うビジネスホテルだったのですが、朝 また何気なく部屋の時計を見たら、今後は逆に10分くらい進んでるんですよ。
「ひなの宿、お前もか」って。


ここで、普通の人の感覚なら、「それぞれ違うホテルで、2日連続 時計が狂った部屋になるなんて、なんかヘンな気分だな~」くらいの思考止まりだと思います。1泊目のホテルはさすがにクレーム入れる人もいるかもしれませんが、いずれにせよ、「時計がずれている」という現象をそのまま受け入れるだけだと思います。


ただ、こっちはここ1か月くらいで海外ドラマのLOSTを見まくってますからね。
毎晩寝る前とか 暇な時間を見つけては視聴して、今はシーズン5まで見てますからね。LOST漬けの日々を送ってる人間が、今回のような現象に立ち会うと、

「自分が時空を歪めているのでは!?」


ってなるわけです。


LOSTは時系列がぐちゃぐちゃになって、そこが見どころの一つではありますが、よく考えると自分自身の時系列に関してもまだ30歳になったばかりの感覚でいたら今年で35歳ですからね。書類で年月日を記入する際に、「あれ今年って何年だっけ」って必ずなりますからね。
そのへんの時間感覚が狂っている中で、自分の周りの時計も狂い出したとなると、これはもう時空が歪んでててもおかしくないなと思うわけですよ。
自分が時空を歪めているのではないか・・・と。


そして、そこに気付いたときに、最近話題のあのニュースの真実が分かってしまったのです。


TOKIO山口達也も自分と同じだったのではないか?



彼が事件を起こした日、その日にきっと彼も彼自身の時空が歪んで、その結果、山口達也は高校生時代の山口達也に戻っていたんだと思います。そして、高校生に戻ってしまった山口達也は、高校生になったことをいいことに46歳の山口達也では決して手を出すことを許されない女子高生(いつも収録で一緒になっている女子高生)にちょっかいを出しただけなんだと思います。
これで、46歳のおっさんの自宅に女子高生2人が遊びに来るという全く理解できない状況の説明がつくわけです。
恐らく、いい感じの雰囲気になってキスしようとしたときに、再び時空が歪んでおっさんの山口達也に戻ってしまったのではないでしょうか。そりゃあ、女子高生も同い年のイケメンとキスしようとして、正にキスする瞬間にイケメンがおっさんになったら怒りますよ。


・・・っていうのは、山口達也の脳内で描かれていたことで、一部始終を引きの映像で見たらおっさんの山口達也が女子高生に手を出しているだけなんでしょうけどね。
笑うセールスマンのオチによくある光景みたいな感じね)
つまり、山口達也もLOST見まくって、頭おかしくなってたんだと思います。




そんなことを考えながら書いていたら、また別の可能性を思い付いてしまいました。
むしろ山口達也は、ホテルの時計を見て時空を歪めたのは自分だと思っている私に「そんな能力ないからな」ってことを伝えるための存在だったのかもしれません。
LOST風に言ったら、彼が「島からの啓示」を僕に伝える存在なのかもしれません。



・・・勿論、島はダッシュ島ですけどね。


LOSTっぽい文章を書こうとしたら、ただ単に支離滅裂な文章なだけって言うね。