おっとっと冬だぜ

広義の意味では日記だが、狭義的にはゴミ置き場

皆さん、そろそろ見て見ぬ振りをやめませんか?

日本社会では、社会構造の歪みによる不都合・不合理な事象を誰もが問題であると認識しているにも関わらず、それが何世紀にも渡って積み重ねられた複雑な問題であるからという理由で誰も解決ができず、結果的に誰もが見て見ぬ振りをしている課題が数多くあります。


今回、私が論じる問題も、長年解決されてこなかった問題であるにも関わらず、今現在も誰も解決の道を探ることもせず、ひたすら次世代に先送りされるのを待つだけという状態になっております。



かく言う私自身も、自分にとって生死を分けるほど大きな問題となっていないために、今までは他人事で済ましてきましたが、親となり子育てをするうちに、自分の子供たちにこの問題を引き継がせるわけにはいかないと思い始め、今回敢えてこの問題を表面化させ、社会に一石を投じたいと思い筆を取るに至った次第であります。


f:id:natu_daze:20190212141621j:plain

その日本社会が長年に渡って放置し続ける問題とは、

 







乳首と乳輪を総称した呼称がない問題

であります。




えー、今の一文で9割方の読者がブラウザバックしたかと思うのですが、改めまして残り1割の読者の皆さんこんばんは、吉田粘土です。



いや、前から思ってはいたんですけどね。
別に、あってもいい気がするなって ずっと思ってたんです。普通に考えたら、あっても全然おかしくないってね。


16時~19時の時間帯に、保育園の場所を活用してダンスや英語教室などの習い事を園が主導で(有料で)開催することによって、各保育園が独自に収益を上げて、保育士に還元する仕組みとかあってもいい気がするなって思うんですけど… 




勿論、今回そんな話はしません。



そんな保育園の経営課題に切り込む気は全然なくて、前述した通り、乳首と乳輪を総称した日本語があってもいいと思うんです。いや、むしろ無い方が不自然じゃないかとすら思っています。
日本人全員「そんな呼称は無くても別に困らないし」みたいな態度でいますけど、肌の色と全く異なる色味を有する この自己主張の強い器官に対して、呼び方を決めないという態度は、言葉を使うことで進化してきた人間にしては、あまりにお粗末な状態ではないかと思うのです。





ちなみに、乳首・乳輪をgoo国語辞書で調べると、以下のように記載されています。


ちくび【乳首】:乳房の先の突き出た部分。乳頭。

にゅうりん【乳輪】:乳首 (ちくび) の周囲の褐色の部分。乳暈 (にゅううん) 。




また、Wikipediaではこう記載されています。


乳首 出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia) 乳首(ちくび)は、哺乳類が有する、胴部に左右の対をなしている小さな突起状の器官で、乳頭ともいう。

乳輪 出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)  乳首の周囲の部分にて、焦げ茶色・黒色・桃色の部分を意味する。乳暈(にゅううん)と呼ぶ場合もある。



ここから2つのことが分かります。

1つ目は、乳首とはあくまで突起部分であり、乳輪とは乳首の周辺部分であって、やはり言葉上は乳首と乳輪は完全に別パーツだということ

2つ目は、30過ぎて乳首の意味を調べていると、なぜか無性に悲しくなってくるということ

という2つの事実が見えてきます。
読者の中には、『乳首』と言った場合、乳輪も含まれるのではないかと考えている人もいるかもしれませんが、もしも、乳首が乳輪も含めた全体をさす呼称であった場合は、乳輪の説明に「乳首の周辺部分」とは書かれないはずで、「乳首における突起部分以外の外側の~~」みたいな説明になるはずであります。

ですから、乳首と乳輪は、ぐりぐら くらい別物なのです。


f:id:natu_daze:20190212192622p:plain





通常、乳首と乳輪は、人々の潜在意識の中では1セットで認識していることが圧倒的に多いと思うのですが、そうであるにも関わらず、その二つを総称して呼ぶ日本語は現在の日本社会には存在しないのであります。

日本人は、オグシオスエマエ、タカマツなどの新しい呼称を生み出している暇があったら、さっさと乳首乳輪ペアの呼称を決めるべきなのです。



この問題に関して、先程 私は『二つを総称して呼ぶ日本語は現在の日本社会では存在しない』と書きましたが、よくよく考えると、そんな大事な日本語を歴史の途中で引き継ぐのを忘れてしまったとは考えにくいですし、戦後すぐにGHQによって使用禁止になったとも思えません。マッカーサーも、そんなヤンチャはしないと思います。

つまり、存在していないと言うのは、日本という国が創世されたときから存在していないと考えるべきなのかもしれません。



つまり、この問題は、古事記日本書紀から脈々と引き継いでいる日本国としての根源的な問題であるとも言えるのであります。
この問題を解決すると言うことは、建国以来の課題が解消されたと言える正に一大事であり、それが果たされた暁には日本人は民族として大きな一歩を踏み出すこととなるのです。
(そういう意味で、本来は昨日の建国記念の日に書くべき話題だったのかもしれません)





とにかく、民族として一歩前へ進むためにも、今すぐに、乳首と乳輪を総称した日本語を定めるべきなのです!!



今、このブログを蔑んだ目で見ている女性読者諸君!!



あなた方がそういう目を向けるから、この問題はいつまでたっても解決しなかったとも言えるのです!!










すみません、ついつい熱くなりすぎました。




えーと、ここまで読み進めた奇特な読者の中には「それって日本だけの話なの?外国の言葉はどうなってるの?」と思った方もいるかもしれません。


その疑問に対して私が言えることは2つ。

そんなもん調べてないから分からないということと、

仮にそれを知って一体何になるって言うんですか?という逆質問です。

こっちは、ふざけ半分で書いてるだけなので、別に実態をくまなく調査して問題提起する気なんかさらさらありません。
だいたい、会社のパソコンで、乳首と乳輪のWikipediaのページを開いている時点で、大変なリスクを背負っているんですから、更に「乳輪 乳首 ロシア語」みたいな検索をさせないでください。





お前が言い出した話だろとお怒りのあなた、安心してください。

中途半端な問題提起だけして逃げ出すのは、さすがに卑怯だと思うので、ちゃんと最後にこうすればいいのではないかという問題解決の道を示して終わります。



私が解決の糸口を示すので、あとは、このブログを読んだ人の誰かがその解決方法を金田一央紀くんに提言してもらえれば、この乳首乳輪問題は解決に向けて大きく動くはずです。






その解決方法ですが、

 

 

 

 

カタカナで

チクビ もしくは ビーチク

のときは乳首&乳輪という意味合いにする



というのはどうでしょうか?




だって、なんとなく『チクビ』って書かれてると、途端に乳首も乳輪も含まれてる気がしませんか? だから、もうそれで良くないですか?

 

 

 

 

f:id:natu_daze:20190212144219p:plain

金田一央紀先生!いかがでしょうか!?



あれ? その表情…
先生、もしかして乳首イジられてます?

LINEのグループトークが下手くそ過ぎる

ツイッターでも少し触れたんですけど、LINEのグループトークが致命的に下手なんです。


もし今、転職活動をしたとして、面接で長所・短所を聞かれた場合、

短所は「LINEのグループトークが致命的に下手くそ」

長所は「笑顔が端的に言って気色悪い」と答えるくらいに下手なんです。

この質問、短所を “短い箇所” という意味で聞かれているのだとしたら「陰茎」という回答になりますけどね。そういった逆説的な捉え方をする場合、さしづめ、長い箇所の方は「亀頭部分の皮」と言ったところでしょうか。



はい、不合格。




とにかく、LINEのグループトークが超絶に下手なんです。最早、グループトーク下手(べた)と形容していいと思う。

LINEのグループトークの何がイヤって、話が盛り上がってる時に自分が投稿した途端に誰からも投稿がなくなって、自分の発言で終わってしまった場合ですよ。
そのときの疎外感に耐えられない。
最後の発言が自分で、その状態が1年くらい続いたらどうしようかと思うと、投稿するのが怖くなるんです。

「なんかグループトークが すげー盛り上がってるよ…。一応、俺も参加しておくか? あーでも、気付くのに少し時間かかったせいで、そろそろ議論が収束に向かう頃合いかもしれないなー。今このタイミングだと、文章を考える時間、文字を打つ時間を考えたら、俺が送信する頃にはちょうど最後になる可能性が高いかもしれない。うーん、でも、まだ全然盛り上がってるから、これなら行けるか? あーでも・・・」

みたいに考えていると、最終的に投稿するタイミングを逸してしまい会話に参加できないんです。とにかくタイミングが全然とれない。

もうね、完全に大縄飛びが下手くそな奴みたいになっています。



おかげで、今現在6つのグループに入っているのですが、どのグループでもレアキャラ扱いですよね。

まゆげのコアラハートのピノグループトークの吉田粘土ですよ。

見かけたらラッキーってみんな思ってるはず。



今、無理やり良い風に表現しましたけど、私自身もこれじゃあ いかんと思ってグループトーク下手を克服するために、ネットでいろいろ検索してみたんです。
でも、ネットでは「グループの作り方」とか「グループの招待・退会の仕方」などの操作方法ばかりで、グループトーク攻略法が記載された虎の巻的なサイトは皆無なんですね。
あと、LINEのグループトークが苦手、嫌いって人の話はあるんですけど、下手だから上達したいって人が全然いない。



もうこの際、多少金払ってもいいやと思って、ユーキャンの通信講座とかも調べたんですけど、パソコン入門とかプログラム入門とかUCC匠の珈琲とかはあっても、残念ながらLINEのグループトーク入門は有りませんでした。準備中なのか?
(ってか、“UCC匠の珈琲”って何だよ。それなら、LINEのグループトーク入門やってくれよ)



そんなわけで、どこにもグループトーク下手を克服する方法がないので、これはもうダメだと諦めかけたんですけど、遂に見付けてしまったんです。
LINEのグループトークを攻略する上での極意を伝授してくれる書籍があったんです。




その書籍は、ボクシング漫画の金字塔

はじめの一歩です。


はじめの一歩の15巻に、LINEのグループトークを極めるためのポイントが載っていました。



主人公 幕之内一歩の永遠のライバルである宮田一郎が、タイに武者修行に出て、タイの英雄ジミー・シスファーと戦うのが15巻ですが、ここにLINEのグループトーク攻略の神髄が記載されていたんです。

はじめの一歩フリークの方々は、もうピンときたかと思います。
宮田君が、タイを離れる際に、タイで唯一自分に懐いてくれた少年チャナに言った ひと言。



 

f:id:natu_daze:20190116180446j:plain




これですわ。


まさにこれです。天啓であります。

LINEのグループトークで自分に足りないものがハッキリと分かりました。



タイミングだけの問題ではなかったのです。勇気と書いてハート、これが必要だったのです。
さっき、羽亜兎と書いてハートと読む名前の人のブログを見付けたんですけど、その話は完全に蛇足なので、ここでは致しません。




これで、LINEのグループトーク下手は克服できる





宮田君の言葉を見た瞬間には、確かにそう思いました。








だがしかし、



結果的に、これが良くなかった。 



宮田君の言葉がLINEのグループトークの極意であると確信した結果

 

 

 

これが、

f:id:natu_daze:20190116180758j:plain






こう見えるようになったのです。

f:id:natu_daze:20190116180840j:plain




最初の「今日はちゃんとご飯食べた?」とか、序盤に相手との距離を測る 間柴了のフリッカージャブ に見えてくるわけです。




フリッカージャブ、これですよ。

f:id:natu_daze:20190116181001j:plain







なんなら、LINEのグループトーク


 

 

 


そろそろ忘年会やりたいよねー。

f:id:natu_daze:20190116181339j:plain



おっ、いいね!

f:id:natu_daze:20190116181355j:plain



いつごろがいいかな。

f:id:natu_daze:20190116181424j:plain


あー俺、年内は予定だいぶ埋まってるんだよね。 

f:id:natu_daze:20190116181508j:plain


とりま、LINEスケジュール作ったから回答よろしく

f:id:natu_daze:20190116181606j:plain



 

こんな風に見えるようになりました。
もう、大縄跳びどころの次元じゃない。
なぜか みんな、言葉ではなく拳で語り合っている。



もうトークというよりララパルーザですわ。LINEグループララパルーザです。

スペイン語で「地鳴り」の意。「地鳴りがするほどのパンチ の応酬」という意味で千堂武士vs幕之内一歩のポスターで使用される。


f:id:natu_daze:20190116193914j:plain




ごめんなさい。
このリングにはとてもじゃないけど、ぼくちんは上がれないです。
勇気(ハート)とかそういうことではなくなってる。どう考えても、腕力が必要になってるし。






そして、病状が悪化した結果、








この最後のスタンプとか、

f:id:natu_daze:20190116182133j:plain

 






最早これです。

 

f:id:natu_daze:20190116190532j:plain

f:id:natu_daze:20190116182213j:plain

f:id:natu_daze:20190116182224j:plain

 

はじめの一歩でファンからベストバウトと称される鷹村vs野生の熊の再現にしか見えません。

もういい加減にしてくれ。

 


そんなわけで、いまだにLINEのグループトークは下手くそなままです。
誰かボクシングを習う以外で、LINEのグループトークを上達させる方法を知っている方がいたら教えてください。
あと、良いカウンセラーがいましたらそちらも是非教えてください。

3000文字チャレンジ「チョコレート」

昨日ツイッターで、ブログの3000文字チャレンジの主催者である こぼりたつやさんからフォローされたんですよ。しかもご丁寧にフォローの挨拶までしてもらってですね。
フォローされるときに挨拶されたの初めてじゃないですかね?

 

そこまで律儀な対応してもらえたら、こちらも挨拶がわりに企画に参加しないとダメだなと。これはもう逃げられないなと、そんなふうに思いましたので今日はダラダラと3000文字を書いていきます。

 

いやー、前々からその企画は知ってはいたんですけどね。でも、フォントいじりもしちゃダメ、画像も使っちゃダメ、テーマも決まってるからPornHubが「ポルノハブ」と読むと知った時の衝撃について延々と書いたりするのもダメ、という非常に過酷な制約条件があるんでね。ちょっと、自分には無理だろうって思ってたんでよ。
まぁでも、せっかくフォローしてくださったので、今回だけ頑張って企画に参加してみます。

 

ってか、そんな制約条件が多い無茶苦茶な要求を突きつける人を見たの、『ヒカルの碁』で棋院に行かずに中学の囲碁部に入った塔矢アキラが気に食わなくて、アキラに掃除をさせつつ目隠し囲碁の状態で3人を相手に口頭で打つように要求した囲碁部の先輩、伊藤と小島以来ですよ。えーえー。

(ほら、これも通常なら太字でフォントサイズ140%で「あんた『ヒカルの碁』の伊藤と小島かよ!」の文章だけで、あとは画像で説明すればいいところを、画像貼れないから無駄に説明的になっちゃってるしさ…)

 

前置き長くして文字数稼ぐのもアレなんで、さっさと本題に行きますけど、今回のチャレンジテーマは「チョコレート」なんだそうですよ。
チョコレートで3000文字。

 

 


チョコレート美味しいよね!

 

 


…以上です。
いやいや、書くことねーよ。
別にチョコレートに関することで人に伝えたいことがない!そんな感受性豊かではない!

 

まぁ、しょうがないので吉田粘土が好きなチョコレートの種類についてでも書いていきますかね。誰得の情報ですけど、書くことないんだから我慢してください。

 

好きなチョコレートの種類と言えば、ホワイトチョコレートはあんまり好きじゃないですね。チョコレートは黒いやつ一択です。
あと、チョコレートの中に余計なもの入れないで欲しい。アーモンドとか、ジェル状のものを入れないで欲しい。全部硬くて黒いチョコレートがいい。
あと、トリュフ系のやつも好き。チョコレートのトリュフって、「睾丸って取り出すとこんな感じかな?」みたいに思いますよね。「思いますよね」って書いて共感を誘いましたけど、私は全く思ったことはありませんが。

 

あとは、甘すぎるものよりも少し苦味がある方がいいですね。どれくらいの苦味が好きかと言うと、

 

 

賽銭泥棒をするのに様々な犯罪のスペシャリストが11人集められて、ひょんなことから自分もゴト師のスペシャリストとして参加することになるものの、当日になってリーダーから

「あー、ごめん。とりあえず色んなスペシャリストをテキトーに集めてみたけど、地面師とゴト師には何をさせればいいか決めてなかったや…」

とか言われて、やることがなくなったので仕方なく地面師のおじさんと二人で魚民にしけこんで、そこで二人で飲むビールの味…くらいの苦みって言ったらわかりますかね?

 

あー違うな。
それ完全にビールの苦味ですからね。
チョコレートの味として例えるのにはちょっと無理があった。

 

 

あと、地面師と言えば積水ハウスが騙された詐欺事件で、昨日新たに地面師の人が捕まってましたけど、昨日捕まってたカミンスカス操(みさお)とか、その前に捕まってた内田マイクとか、なんで地面師の人ってちょっとオシャレな通り名を使うんですかね。
DJもしくは、ラッパーかってくらい派手な名前で、とても地面師の字面からは想像できませんよね。MCマイクとDJカミンスカスみたいなね。何なのあれ。

 

 

さてさて、バレバレの字数稼ぎを披露したところで、話をチョコレートに戻しますね。
ほろ苦いチョコレートが好きって話でしたよね。改めて、どのくらいの苦味がいいかと言うと、

 

 

会社から帰宅する途中、毎日歩いている駅から自宅までの道の途中で謎の骨董屋を見つける。
「こんなところに骨董屋なんてあったかな?」と思いながらも、その日はいつもより早めに仕事を終えて帰宅していたこともあり、時間に余裕があったため興味本位で店の中に入ってみることに。
店内には、掛け軸 や 壺 や 茶碗 などが無造作に置いてあり、その中には何かお宝が眠っていそうな気がして、見ているだけでワクワクしたが、そうかといって特別に骨董に興味があるわけでもないので、狭い店内をグルリと巡って、ものの1〜2分でその店を出ようとする。
すると突然、店に入った時には「いらっしゃいませ」も言わなかった店主の老婆が「待ちなされ」と声をかけてきて、「あなたに持って行ってもらいたいものがある」と何やら古びた黒縁の眼鏡を渡してくるのである。老婆に「きっと役に立つはずだから」と懇願にも近い言い方をされたため、多少気味は悪かったが、お金を請求されるわけでもなさそうだったので、とりあえず持ち帰るだけ持ち帰ってみることにした。

次の日、会社の休み時間にスーツのポケットに入れっ放しになっていた眼鏡の存在に気付き、何気なくその眼鏡を掛けて辺りを見渡してみる。
眼鏡には度が入ってないようで、掛けても見え方自体は全く変わらなかったが、女性の頭の上に謎の数字が表示されており、どうやら何かをカウントダウンしているようであった。カウントダウンの数字は人によってバラバラで、男性の頭の上には何も表示がされていない。眼鏡を外すと女性の頭の上の数字は見えなくなるので、その古びた眼鏡が謎のカウントダウンを表示していたのである。

その数字の意味が全くわからないので、昨日の骨董屋に行って店主の老婆に何のカウントダウンか聞こうとしたのだが、帰り道、店があった場所に店舗らしきものはなく、店は忽然と消えそこは駐車場になっていた。確かに昨日はそこに店があったはずで、呆然と立ち尽くしてしまう。

そしてその眼鏡の数字の意味が分からないまま月日は流れ、20年後にどうもカウントダウンは50歳前後でカウント0になる女性が多いことに気付き とある仮説を思いつく。
ちょうど、最近カウントが0になった自分の姉に恐る恐るその仮説を話し、自分の仮説が正しいか確認をしたところ、やはり自分の見立て通り、その数字は閉経までのカウントダウンだということが判明する。
そして、数字の意味が判明した次の瞬間、眼鏡を床に叩きつけて踏み潰して破壊してしまう。「こんな使えないものを渡しやがって、あのババア!」そんなことを叫びながら、二度三度と眼鏡を踏んづけて、フレームが激しく折れ曲った眼鏡をそのまま乱暴にゴミ箱に投げ入れてしまう。


しかし、眼鏡を捨てた翌日に何気なくテレビを見ていると、とても50歳には見えない今も素敵な小泉今日子が映っており、そこでふと小泉今日子が閉経しているかどうかが急に気になりだし、前日眼鏡を破壊したことを猛烈に後悔する……

 

くらいの苦味って言ったら伝わりますかね?

 

 

今度はしっかり伝わったみたいですね。
子供には理解できない大人の苦さですよね。
それくらいビターテイストなチョコレートがベストですね。甘ったるいよりは、それくらいが好き。

 

あとは、コンビニで売ってるようなチョコレートではなく、専門店の高級なチョコレートでカカオが凝縮された濃厚な味がするチョコレートがいいですね。あの濃厚さが堪らないですよね。

 

4日振りに手淫して射精したときの精子の濃……

 

いやー、やっぱ無理!!
テーマを与えられて書こうとすると、下ネタしか思いつかない。

だいたい、吉田粘土の好きなチョコレートとか、地面師の名前事情とか、普段からオカモト並みに薄っぺらい内容でお馴染みのこのブログにおいても、ネクストレベルに突入した感のある内容の薄さですよね。それこそ、1日で3発目の精子……

 

 

はい、終了〜〜〜〜!!!!
こぼりさん、初めましての挨拶がこんなんで本当にごめんなさい。