おっとっと冬だぜ

広義の意味で日記と言えるが 狭義的にはゴミ置き場

辛いことがあってもブログがあると少し救われるよねって話

先日、ウンコの話が言及されました。

 
ウンコの輪が広がっていきますね。
もう、はてなグループでウンコのグループ作っちゃいます?





 



はい、作りませーん。

 

 


 

しかし、ドーーイ君 相変わらず面白いですね。


彼のブログ名は『三日坊主三日坊主』ですが、それは勿論、彼自身が三日坊主だから、そのブログ名にしてるんだと思うんですね。そこまでは、我々一般人でも理解の及ぶ範疇じゃないですか。まぁ、わりと普通ですよ。



けど、彼の場合、あまりに三日坊主すぎるのか分からないんですけど、ツイッターでユーザー名に「三日坊主」がついている人を片っ端からフォローしてましたからね。そのあまりに奇怪な行動は、私の乏しい想像力では、思いもよらないものだったので、この男は脳ミソの回路がちょっと特殊だぞって唸らされたんですよね。



ドーーイ君のツイッター画面

f:id:natu_daze:20180821190232p:plain

すぐにいなくなりそうな連中ばかり集めて何がしたいのか・・・。




んで、そんな彼のおかげで、私まで自然と三日坊主界隈に注目するようになってしまったんですよ。
この前なんか、三日坊主界のニュースターが現れまして、なんと2秒坊主を名乗るブロガーがはてなブログで颯爽とデビューしてたんですよね。



「おぉ すげぇな、秒速で飽きる男かよ!」って驚かされまして、速攻で読者登録をしたんですけど、案の定、4日目で更新がストップしてましたからね。もう、さすがとしか言いようがないですよね。
彼と比較したら、ドーーイ君なんてマメに更新していますからね。ひと月に2回更新くらいのペースで書いてますから、ドーーイ君の三日坊主具合なんて まだまだだなって。

 

 

今日書きたかったのは以上なんですけどね。ただ、なんか身内話だけして終わりっていうのも申し訳がないんで、別の話もしておきましょうかね。

 


 




 

ウンコの話でもいいですかね?

 

 

 

昨日、ツイッターにも書いたんですけど、深夜に下痢で1時間くらいトイレに立て籠もってたんですよ。
出しても出しても残糞感(ざんぷんかん)がありまして、ウォシュレットで肛門を刺激しては液体なのか個体なのか分からない汚物を吐き出していたんですね。



そして、それが全然止まらないんです。
もうね、全然治まらないんで、このままトイレで一生を過ごすことになるのかと思いましたよね。



んで、あまりに腹痛が治まらないので、こうなったら阿弥陀の力に頼るしかないと思いまして、「なんまいだ~なんまいだ~」って必死に唱えてたんですけど、いっこうに良くなる気配がないんです。
浄土真宗の開祖である親鸞は、歎異抄で「善人なおもって往生をとぐ。いわんや悪人をや。」と説いて、悪人こそが阿弥陀仏に救われるべきだって主張してましたけど、絶対に腹痛を起こしている人から救うべきだろ、みたいなことを考えながら一生懸命にお経を唱えていたんですよ。





親鸞(1173~1262年)
f:id:natu_daze:20180821180410j:plain

親鸞「善人なおもって往生をとぐ いわんや悪人をや」




親鸞の恰好を意識した女の子(1995年~)

f:id:natu_daze:20180821182329p:plain

親鸞系女子「小悪魔の私から救って~」







ところで、皆さんは即身仏(そくしんぶつ)って知ってますか?
真言宗の究極の苦行で、木の皮とか木の実を食べて脂肪や筋肉を落として腐敗しにくい体を作って、その後、地下に穴を掘って、そこに入って断食したまま死んで、自らミイラ=即身仏になるって修行があるらしいんですね。
実際にそれを実行した坊さんがいて、今でもそのミイラが崇められているんです。

 


もうね、お経唱えたまま死んで、危うくトイレで即身仏になるんじゃないかと思いましたよね。んで、トイレの神様ならぬトイレの仏様になって、どこかのおじいちゃんが孫に

「トイレにはイケメンな仏様がいるんやで、だから毎日キレイにしたら仏様みたいなイケメンになれるんやで。イケメンになれたら、キンコン西野のカキタレよりも綺麗な女と付き合えるんやで」

とか教え出すところでしたよね。

 

 

 

みたいなことを1時間近く考えていたら、腹痛も残糞感も治まったんですね。つまり阿弥陀如来の御心(みこころ)によって無事に救われたんです。

あぁ、これが浄土真宗でいうところの「他力」かーって。

 






親鸞聖人!

 


これが 他力糞願たりきふんがんですね!!







f:id:natu_daze:20180821213206j:plain

クソみたいや記事ばかり書きおって。

お前を蝋人形にしてやろうか!

 

 

 

 

う、うわーーー。

 

 

 

 

f:id:natu_daze:20180821214007j:plain

……。

 

 

 

 

 

 

……なんだ、これ。

ってことで、今日は坊主の話でした。

これからブログを始めようとする人への警告?

こんばんは、吉田粘土です。
約1週間ぶりの更新となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

このブログ、以前は毎日更新していたこともありましたが、今は書きたいことがあったときに更新するスタイルになっております。
しかし、書きたいことがあったとき と言っても、およそ普通に生活していると、わざわざブログに「書きたい出来事」なんて滅多なもんでは発生しないんですね。
そんなわけで最近は全然更新ができないのですが、それでも何とか一週間に1度くらいは更新できれば・・・という感じで運営をしております。



そのこと自体は別に誰からも文句を言われることではないと思うんです。このブログは「ひと月に何回以上は更新しなくてはいけない」という契約の元で書かされているわけではないですし、実際に私みたいな運営スタイルのブログなんて、いっぱいあるじゃないですか。



そりゃあ、毎日描くのが理想なんでしょうが、ブログなんてやりたいようにやればいいじゃないですか。別に年1回しか更新しなくてもいいし、何なら全裸で更新したっていいと思いますし、親の裁判を傍聴中にスマホいじって更新したっていいと思うんです。
親の裁判を傍聴中に全裸で更新するのは、ブログ運営的に問題なくても社会通念上で大きな問題がありますけどね)



まぁ、そんなわけで、ブログなんて別に書きたいときに書けばいいはずなんです。
はずなんですが、更新期間が開くようになってから、私の頭の中に「ブログ書かないんですか?」って聞いてくるおじさんが住み着きだしたんです。


※参考イメージ

f:id:natu_daze:20180816124721j:plain

 

おじさん、私が子供を公園に連れて行ってるときとかに、ふいに「その育児の様子をブログに書かれてはどうでしょうか?」とか囁いてくるんです。
他にも、ドラマのハゲタカを見てるときに「ドラマの感想をブログで書いてみてはいかがでしょうか? 綾野剛に言いたいことありますよね?」とか囁いてきたり、中学の同級生と大学の同級生が一緒に出てくる淫夢を見たときの朝にも「その夢の様子をぜひブログに書かれては? 夢の話なんていくらでも盛れますし。」みたいな感じで囁いてくるんです。



私はその囁きの度に、

「育児なんて競合が多い路線に今更参入はできないですよー」とか

「ドラマの感想って検索流入は見込めますけど、毎回見てくれる読者の方でドラマ見てない人が楽しめないじゃないですかー」とか

「いやいや、夢の話って前提の時点でおもしろくないですし、そんな安直な下ネタはどうかと思いますよー」

みたいな言い訳を言って、毎回おじさんをやり過ごしてブログを書かないわけです。




一応、このブログを開設するときに、一通りいろんなブログを見てブログをやるメリット、デメリットは調べたんですけどね。
けれど、ブログの更新期間を開けると頭の中におじさんが住み着くなんてデメリットは、どこのブログにも書かれてませんでしたので、そんな話、聞いてねーよって感じなんです。

ホント、これからブログを始めようと思っている方は、こんなデメリットがあるってことは是非覚えておいた方が良いと思います。





おじさんが平安時代、宮中にも仕えていた当代随一のブロガーの幽霊で、祖父の蔵にあったWindows95を見つけたときに憑依して、私の代わりにブログ書いてくれるとかならいいんですけどね。
扇子でパソコンの画面を指しながら、「3行目改行!」みたいに指示してね。んで、旧仮名遣いでバズりまくって、世界中のブロガーから正体を探られたりしてね。

ただ、残念ながらおっさんはブログを書かないのか聞いてくるだけで、代わりに書いてくれることはないですし、そもそも平安時代にブロガーは存在しないと思うんです。
そんなわけで、完全に蛇足の日中韓若手ブロガー団体戦編が始まることもないわけです。




おじさん、声や口調はホーンテッドマンションでアテンドしてくれる亡霊みたいに渋くて丁重な感じなんですけど、恐らく亡霊じゃないと思うんで、お祓いしても追い払えないと思うんです。
霊媒師よりむしろ精神科の先生に見てもらった方がいいんでしょうけど、それよりもブログを毎日ちゃんと書けば、おじさんはいなくなるんだと思います。
でも、毎日は書けないので、それならもうおじさんと仲良くやっていくしかないと半ば諦めています。





そして、昨日の夜も家族が寝静まった後にトイレに閉じこもって、スマホでエロタレストを見ているときに、急におじさんが囁き出したんです。

「エロタレスト、以前は日単位の人気動画は、常にPornHubの動画が不動の1位でしたが、最近はTube8の動画が1位になることも増えましたよね。そのことをブログに書かれてみてはどうでしょうか?」

なんてことを言い出すわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじさん!

それは採用しよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、今日の記事はこれからブログを始めようと考えている人への警告と見せかけて、「最近のエロタレストにおける人気順位、以前よりPornHubの動画が1位になりませんよね?」という読者の方への問い掛けでした。



そんなもん問い掛けられても困るんでしょうけど、こっちだって書くことなくて困ってるんだから、お互い様ってことにしておいてください。喧嘩両成敗です。










f:id:natu_daze:20180816124721j:plain
正直、こんな内容なら、ドラマの感想の方が2億倍マシでしたね・・・

 

 

 

 



 

 

黙っとれ!!!!

残りの人生でやるべきこととは

俺は風俗に行かずに死んでいくのだろうか・・・


先日、元風俗嬢の方のブログを紹介させてもらったのですが、よくよく考えてみると私自身は風俗に足を踏み入れたことがないんですね。そんな事情もあって、元風俗嬢の方のブログの紹介文章を書き終えた後、自然と冒頭のセリフを呟いていました。(まぁ、実際は呟いてないんですけどね。)


一般的な成人男性は、ヘルス、デリヘル、ソープ、キャバクラあたりでポートフォリオを組んで、資産を分散させて運用されていらっしゃる方が多いのかと思います。ただ、私は敢えて全資産をキャバクラにベットしてきたので、ヘルスもデリヘルもソープも知らずに、この年齢まで来てしまったのです。


るろうに剣心斉藤一がひたすら「突き」だけを極めようとしたように、私は20代半ば~30才直前の間にひたすらキャバクラのみを極めようとした結果、この前少し計算したら、軽自動車を買えるくらいの金額を投資していることが判明して愕然としました。嫁には絶対に言えない・・・。

 


そして、自分はこのまま玄人童貞のまま朽ち果てていくのか…なんてことを思った時に、自分が今までの人生で1度も経験していないことで、どうしても死ぬまでにこれはやっておきたいことを棚卸しておき、ちゃんとそれを意識して残りの人生を歩んだ方がいいなって思ったんですね。

有難いことに、今って「死ぬまでにやっておきたいこと」ってググると、意識高い系のブロガーさんが腐るほどそんな記事を書いてくれているんですね。「死ぬまでにやっておきたい100のこと」みたいなのがビックリするくらい大量に出てくるんです。

それを利用すれば、自分で無理に考えなくても、それらの記事を見ながら「あー、自分もこれやりたいなー」って思うことをパクればいいだけなんで、棚卸はそんなに難しくないはずなんです。



ってことでね、早速「死ぬまでにやっておきたこと」で検索して出てきたブログをチェックしていきたいと思います。







・・・・。(確認中)

 


 

 



 

・・・・。(意識高い系のブログ2つ目確認中)

 




 

 

 

・・・。(3つ目確認中。キラキラしすぎて、ちょっと目まいがしてくる)

 

 


 

 


・・・。(4つ目確認中。アクティブが服着てブログ書いてるんじゃなかって思えてきた)

 


 

 


・・・。(5つ目確認中。もしかして、定期的に旅しないとブログ書いちゃダメって法律あったりします?)








 

 

結局、10記事くらい読んだけど・・・


 




 

 

やりたいことほとんどないっ!!!

 

 

 

 

 

 


世界遺産に行く/マチュピチュに行く/イースター島に行く/サグラダファミリアに行く/ウユニ塩湖行く

特に行きたくないなー。そんなお金があるならススキノに行きますね。
あと、みんなウユニ塩湖 行きたがりすぎです。どうやら意識高い系の聖地っぽいです。



気球/パラセイリング/スカイダイビング/シェアハウスに住む/サーフィン/断食

別にやりたくないなー。5000円あげるからやらない?って言われても断るレベル。理由? 超面倒くさい。




ありがとうを言える人を増やしたい/好きな人たちを幸せに/妻といるときは常に笑う

このへんのやつはネタなくなって苦し紛れに書いてるでしょ?やりたいことってそういうことじゃないと思うよ。



ルンバが欲しい/ブラーバがほしい/デスクトップの自分専用PCがほしい

「欲しい」シリーズはずるいでしょ。
そんなこと言ったら、こっちだって石原さとみ似の愛人が欲しいですよ。
石原さとみ似の愛人を作る」と「石原さとみ似の愛人が欲しい」では、ニュアンスがだいぶ違うと思うんですね。そして今、確認したいのは前者。

 

 

ブログを1年続ける/有名ブロガーになる/ブログでまず1万稼ぐ

うーん、このブログも風前の灯火に近いことになってるので、これ系は確実にないなー。

 

 


そんな中、僅かに賛同できたのは以下のやつですかね。

・相撲を間近で見る

⇒あー、見たい。孫と両国国技館行きたい!



CoCo壱番屋で贅沢にトッピングを頼んでみる

⇒しょぼい店でめっちゃ金使うのはやってみたい。すき屋で3,000円くらい使いたい。



・ファーストクラスに乗る

⇒乗りたい!ラウンジ入りたい!その写真をフェイスブックにアップして嫌われたい!



・会社を作る

⇒会社を作るっていうか、今の会社の製造部門を分社化して収益性を細かくチェックできるようにして、自社の採算性を改善させたいなって思うんですよね。(急に真面目な話!)

 

ぐらいかなー。
ってか、最初に想像してたのは、

・吉原の高級ソープに行ってみたい

・体重50キロ以下のFカップの女性にパイズリされたい

・金髪のアンダーヘアを生で拝みたい

ソフトバンクホークスが好きなので、中州に通い続けてホークスの選手誰かと穴兄弟になりたい!

とかさ。欲望丸出しのやつを期待していたんですけどね。そういう意識低い系のやりたいことは、誰も挙げないのね。普通やりたいことを100個も考えたら、最初の20個はそんなので埋まりそうな気がするんですけどね。

 



まぁ、実際はアレですよ。

30も半ばにもなると、自分の帰属する会社がビジネス上の展開として次にやるべきこと、打つべき手が何かを模索する中で、そこで自分が果たすべき役割は何かみたいな超現実的なことを考えるのにいっぱいいっぱいで、そんな死ぬまでにやりたいことなんていう夢物語に思いふけている余裕はないんですよね。

何がパイズリだよ!

クラウドファンディング包茎手術代を捻出したいとかフザけたことを考える前に、例えば来年度の有給休暇5日の強制取得の対策を考えなきゃいけないんです。

 


そんなわけで、やりたいことを考えるのを諦めて、今の山積する経営課題の中で自分の部署が担うことが何かを真剣に考え始めたんですけど、5分もしないうちに考えるのに飽きて、なんか急に高いかき氷食べたいなーって。

まぁ、いろいろ考えたけど今回、最終的に死ぬまでにしておきたいことは 1000円以上するかき氷を食べてみたいって結論に達しました。


吉原のソープで、金髪ハーフのFカップ美女(ホークスの選手の元愛人)と高級かき氷を食べられたら、その場で死んでもいいです。

f:id:natu_daze:20180810171949j:plain